パソコン(新パソコンに変更)ファイル救出で一番面倒なのがメール

私のところは、中古パソコンを買ってくれた方や、新規にOSインストールされた方には、おおむね前と同じくなるように、アプリ、ファイル、メール(元と同じファイル内容)、お気に入り等々全て同じになるように設定してあげることを心掛けている。

古いパソコンの調子が悪く新しいパソコンに設定を変更させてもらう中で一番手間がかかるのがメール関係である。
メールソフトを各自何を使っているのか?アドレス帳は?メール接続設定は?等々・・・

ソフトは、OutlookかLiveメールかWindowsメールかその他各種あるのが送信トレイや受信トレイの内容を新しいパソコンのソフトに全て移すのである。方法が各ソフトによってバラバラなのである。そんでもって何年も使っているので何千何万とあるのでめちゃくちゃある。古いの新しいのと動かないパソコンで選別することもできない、結局はすべて新しいパソコンに展開しなければならない。

接続設定は2人に1人は困ったことが多い、パスワードが分かってない、記載している大事な書類もない、書類があっても変更しているようで接続できない、あるプロバイダは電話しても「ネット変更できますよ」って、馬鹿が登録しているメール受信できないのにどうやって確認するんだよ。
でも最近は本人確認が出来れば電話で教えてくれるところもあるようで、教えてくれないところは郵送になる。本当に手間がかかる。

この時代、ローカルメールソフトはやめてほしい、パソコンが壊れても救出がいらない、Webメールの良さを修理に来る顧客の殆んどの方は知らない、プロバイダーの取説でもローカルメールの設定方法が当たり前に書いてあるが、そんなのやめてWebメールの方法だけ書いとくれ。特定の人間以外は世の中進んでない。

※マイクロソフトのWebメール
(Windows10に付いているメールソフトはWebメールだがいただけない、プラウザ上のここが良い・・・@live.jpを無料なので新規取得する https://outlook.live.com/
やGoogleメールやYahooメールにプロバイダのメールを乗っけてくれ、お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする