ホームページの今

昨今、ホームページをビルダーなどのソフトを使って作っている方は皆無に等しい。
それに伴い、無料のブログやフェースブックなどに記事を載せてホームページの代わりにしている方が多い。
それはそれで、良いのだが会社の顔としては問題だ、その為多くはページ制作会社に頼むことになるのだが、その制作会社の殆んどは無料のWordPress(ワードプレス)というシステムを使って作っている。
それなら自分でやってみたらどうだろうか?自分でホームページを作りたいと思っているなら、これからはWordPress(ワードプレス)の勉強から始めよう!!

WordPressとは?
WordPress(ワードプレス)は、世界で圧倒的なシェアを獲得している、無料で使えるブログソフト(CMS)です。(企業用のページも作れる)
WordPress自体にブログとしての機能やページを更新するための仕組みが組み込まれているため、サイトを作成・更新が今までのツールよりも簡単にできます。
さらにHTML・CSSの知識があれば、簡単に多機能なホームページを作成することができるため、個人ブログから企業のコーポレートサイトまで、幅広く利用されています。

WordPressの長所と短所は裏返し
長所と短所をまとめると

WordPressは個人の方はもちろんのこと、ホームページ作成会社や制作を行うデザイナーなど「プロ」にも利用されています。プロが利用できるだけの拡張性と自由度があることが長所の一つ。さらには無料であることも長所です。

反面、自由度が高いということはそれだけやらなくてはならないことが増えるということ。また無料であるということは、基本的には自分ですべてやらなくてはなりません。そのためお金というコストはかからないものの学習するための「時間」というコストがかかるということでもあります。

WordPressの長所
1.おしゃれでかっこいいデザインのテーマテンプレートが豊富
2.無料でシステムを使うことができる
3.ブログのようにページの作成・更新ができる
4.やりたいと思ったことはなんでも実現できる
5.カスタマイズが自由自在。ただし一定以上のスキルが必要
6.プラグインを使うことで、いろいろな機能を追加できる
7.利用者が多いのでWordPressに関する情報がたくさんある

WordPressの短所
1.個人で作るには専門知識が必須
2.集客力のあるデザインのHPを作るにはスキルが必要
3.SEOの対策は自分自身で行う必要がある
4.サーバー・ドメインを自分で用意する必要がある
5.カスタマイズするにはWordPressの独自関数の知識が必要
6.更新できる箇所はほんの一部になることも
7.不正アクセスを防ぐためのセキュリティ対策が必要
8.使い方がわからない時に電話でサポートをしてもらえない
9.システムのバージョンアップをしなければいけない

学ぶ」時間があればWordPressはおすすめ
WordPress(ワードプレス)は、テーマテンプレートでデザインを自由に変更したり、豊富なプラグインを使うことで。さまざまな機能を取り入れることが可能です。PHP、HTML、CSSといった専門知識を持っていれば、自由度は高く、どんなホームページも作れます。
一方で、専門知識がないホームページの初心者の方にとっては、カスタマイズが難しかったり、セキュリティの対策が必要であったり、使いこなすのはかなり難しいでしょう。そもそも初心者むけに作られたソフトではないので、HTMLとCSSの基本知識がないと、ビジネスむけのホームページを作るのは困難なのです。
ですので、一定の専門知識をご自分で習得する時間がある方にはWordPressはおすすめなツールです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする