Windows7サポート終了でWindows10に買い換える?

Windows7が終わるので、どうしたらよいかとの問い合わせが最近多い、Windows7は終わりません、サポートが終了するのです、使う分には今までと何も変わりません、セキュリティのアップデートが無くなるので、多少の対策が必要か?
マイクロソフトのIEやEdgeでインターネットをしない、FirefoxやChromeを使う、なぜか?これらはWindows7であろうとWindows10であろうと自動更新される。
常に更新される更新されているアンチウイルスソフトを入れる(Windows10でも同じこと)、これだけで十分一般人なら問題ない。

Windows10が攻撃にされなくなる事は無い、サポートがあろうがなかろうが無関係だ。攻撃者はバリバリに更新されたWindows10であろうが防ぐことは絶対にできないのである。
これを防ぐ手は、昔から言われている、「見知らぬ人からのメールを開いてそのプログラムを実行したりしないこと」「ネットから怪しいソフトをインストールしない」という回避策しか存在しない。当たり前のことだが。

何でここまで、業界がこぞって終了するので危険だ危険だと嘘をいうのかと、それは危険になるからではなく、「危険性」を煽りたいからである。できる限り危険性を煽り、買い替えさせたいという業界の目論見なのである。
ユーザに危険性を煽り、買い替えさせようというギョーカイの試みは多数ある。マイクロソフトの戦略に便乗して「このWindows10は安全でスピードも速い」今が買い替え時期等々。
スピードが速いのは、Windows10とは関係ない、CPUやSSD、メモリーなど性能が良い機器を使っているだけで、OSとは関係ないのである。この機器にWindows7を入れても間違いなく高速になる。
Windows10にすると早くなるは、売らんが為のウソ、ダマシ

こういうウソを流布している方々というのは、Windows7のサポート終了で一体何がそんなに危険になるのか、その原理を一切説明していないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする