年賀状の季節

またまたこの時期になると始まる住所録の問い合わせ
開かない、見当たらない、印刷できない、一年に一回だけ立ち上げる住所録や印刷機どうやったかも忘れる長い年月。
電話でソフト名聞いても、筆王?筆ぐるめ?筆まめ?エクセル?宛名職人?どんなソフト?「分かりません」それではこちらも分かりません。

出来れば、エクセル形式でバックアップしておきましょう、万能です。

今年、盛んに郵便局では、住所を持ち込めば年賀状を印刷して出してくれるサービスを宣伝しているが、(名前は、年賀状丸投げって言うらしいが、全然丸投げではない)これは便利そうだが、どうゆう風にすればと聞いてくるが、言っておきたいことは、持ち込むまでに、やらなければならない時間と作業は、8割方自分で行わなければならない、残り2割に高い料金を払うことになる。
基本料金1,100円 + 枚数×31円 (はがき代は別)

CMでは便利簡単みたいな言い方だが、住所録の整理やそれを郵便局で受け取れるファイル形式(エクセル形式またはCSVに変換)で郵便局のHPに会員登録(支払い口座登録?)してアップロードする?
それまですれば、後は印刷だけじゃん、簡単便利とはいいがたい。
ゆうパックも住所を書かなくてもいいなんて言って?宣伝しているが、書く代わりに文字入力が必要、手間は同じじゃん・・・・・後々使えるだけ便利か?住所録ソフトが何かも分からない人には無理?

窓口に相手の住所の書いたはがき又は印刷物を持ち込むサービスもあるが、これがバカ高い、100枚ではがき代別で一枚160円以上は掛かる。バカにするな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする