スマフォの5G 今必要か

iPhone 12が5Gに対応したと大々的に宣伝しているが、これを買っても5Gにはなりません。
当たり前ですが、5Gの電波が飛んでこないと、今のまま4G通信のままです、docomo・au・SoftBankの5Gエリア内で利用しないと高速になりません。
現在、東京でさえ使えるところはほとんど限られていて、東京の方でも家の中で5Gの電波は届きません(電波の特性として届く距離が短い)
各社の現在の対応を見てみると、全国主要都市の駅や施設となっているが、駅から出たらほとんど無理、主要なドコモショップ内で使えるようだが、店から出たら全く無理

5Gは、通信速度や品質が向上する一方で、電波の特性上、1つの基地局アンテナから届く距離が短くなる。
4Gの大規模な基地局が最大半径数キロをカバーできるのに対し、5Gの基地局は半径数百メートルしか届かない。壁などの障害物にも遮断されやすく、物陰などでは圏外になりやすいこともあり、基地局整備の途上では、利用エリアにむらができてしまう。

基地がいっぱいいるのだ、滋賀県で使えるのは何年先!!!!!!
私が住んでいる滋賀県の現在のドコモ対応地区「大津駅ホーム(外れたら4G)」「西大津ドコモショップ(外に出たら4G)」この2か所のみ

DOCOMOでさえこんな状態
https://www.nttdocomo.co.jp/area/5g/index.html?mode=s&region=&category=&available_time=0

TVでも4Kだ8Kだと高い価格で販売しているが、朝昼晩通して、4K制作番組を放送しているのはNHK BS4K、1チャンネルだけと言っても良いくらい4Kコンテンツの少なさには呆れてしまいます。(それもほとんどがアップコンバートした再放送)その他の民放4Kチャンネルも映画など4K対応コンテンツの放送時は4K映像になるのですが、ほとんどが地上波のハイビジョン放送を4Kにアップコンバートした再放送がほとんどです。稀に4K制作した番組がありますが、1日に2、3番組あるかないかといったところなのです。

技術はわかりますが、それに機械設備やコンテンツが付いて行っていない典型、我々消費者が本当にそんな最高の画像や5Gの速度を(高度な通信を利用する職業では必要な方も)望んでいるのか、技術者の自己満か?GAFAのような企業が日本で育たないのは、消費者のニーズより自己企業の技術力をアピールしてきた結果なのでは、日本の消費者は無駄な技術力に踊らされているのではと勘ぐってしまうのは私だけか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする