「メモ帳」アプリを見直そう

メモ帳」のアプリをフル活用できている人はどれくらいいるでしょうか。地味すぎると軽視しているのなら、ぜひ見直しを、機能がシンプルだからこそできるデジタルメモ術を紹介します。
「メモ帳」アプリを使おう

Windowsを使っている人なら、知らない人はいないであろう「メモ帳」ですが、これは本当に最低限の機能しかありませんが便利です、今一度見直してみよう。

会議や、資料作りには欠かせないメモアプリです。
ちょっとしたことを書くのに、ワードなどを立ち上げる初心者はたくさんいますが、ワードで保存する場合TXT形式でも保存はできるが、ワード形式で(装飾文字)保存になってしまいます、パソコンに負担がかかる作業です。
それに比べ「メモ帳」はすぐ立ち上がり、保存もTXT形式で他のアプリにもすぐ転用できます。(ホームページの記載やメールのテキスト形式の貼り付けなど)
覚えておきたい便利機能
1)F5キーを押すと、その時の日時が記入されるので、会議の議事録にはもってこいの物です。
2)書き込みした内容にミスがある場合、検索機能や置き換え機能があるので訂正が速い。(メニューの編集か下記の図参照)

Windows10の場合の「メモ帳」はメニュー→Windowsアクセサリ→メモ帳にあります。
このアイコンを右クリックして「スタートにピン留めする」にしますと、メニューのタイル表示にショートカットが出来ます。
デスクトップに置きたい場合は、メニューのタイル表示に出来たアイコンをデスクトップにドラック&ドロップ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする