クイックアシスタントは便利

かなり前から、利用していた遠隔リモートソフト「TeamViewer」というアプリがあるのですが、非商用用途ではないのに「商用利用であることを検知しました」と表示され、使えないケースが多々出てきたので、他によいアプリはないか?と物色していたところ、「UltraViewer」という「TeamViewer」と同じアプリをしばらく使っていましたが、これが相手の初心者にインストールさせるのが大変な時間と労力がかかり、(ダウンロードとインストールが出来れば造作ないのですが)相手のパソコンに接続するまで延々と電話することになります。
※Windowsには今まで「リモートアシスタント」という画面共有ソフトがあったが、今はメニューに見当たらない(ある方法で出すことはできるが、使い勝手が昔からわかりづらい。)

今回、Windows10の1607以降に新しく入った「クイックアシスト」なるものが、大変便利に使えることが分かりました。
操作される側(受け入れ側)は、メニューからWindowsアクセサリーに入っている「クイックアシスト」を立ち上げ支援する側から聞いているセキュリティコードを入力する。ただこれだけです。

双方ともWindows10(1607以上)が立ち上がっていること
ネットに繋がっていること
支援する側は、Microsoftアカウントが必要で、操作される方は必要ない
セキュリティコードは有効期限10分
電話で話しながらの支援がベスト

注意としては
支援を受ける側は、異なる相手からのセキュリティコードを入力してしまうと、完全にシステムが乗っ取られてしまうので、何者かが支援する側を偽装していないか(なりすましていないか)十分に注意すべきだ。可能であれば、送信者を偽装しやすいメールより、相手を特定しやすい電話やSMSなどの手段を利用してセキュリティコードを伝えてもらう方が安全だろう。

言うまでもなく、支援する側には信頼できる人を選ばなければならない。支援する側は支援を受ける側のPCを自由に操作できるため、例えばストレージ内にある秘密の情報を盗み見するといったこともできてしまうからだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする