楽天モバイルSIM使ってみた

楽天モバイルは今申し込むと1年間無料との事

「Rakuten UN-LIMIT プラン料金1年無料キャンペーン」の受付を2021年4月7日(水)に終了します。
新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」発表以降、「Rakuten UN-LIMIT」へのお申し込みが急増しており、まもなく累計お申し込みが300万名を突破するため、2021年4月7日(水)に本キャンペーンの受付を終了することを決定しました。

てなことで、無料なら申し込んでみっかとSIMのみ申し込み、使っていないスマフォに送ってきたSIMを入れてみたが、楽天の回線はBand 3 (1.7 – 1.8 GHz)でこれが利用できるスマフォなのに繋がらない。地図では楽天モバイルエリア内なのに楽天が(こんなことの為になのか?)auから借りているBand 18 にしか繋がらないのである。
ネットを見ると、楽天が示しているエリア地図は、外で何とか受信できるところも含めて掲載されていて、地図がピンクに染まっていても、周辺は無理なようだ。外に出てみるとアンテナが何とか一本付いている。この町内では使えない。

そもそも楽天の回線は総務省から割り当てられた周波数がとんでもない周波数(1.7GHz帯)先発3社はプラチナバンドと言われている、700MHz帯がドコモ、KDDI、ソフトバンクに、800MHz帯はドコモとKDDIに、900MHz帯はソフトバンクが使っている。
周波数が高いと電波が回り込まないので、家の中や物陰、山陰にものすごく影響されてしまう、後発の楽天は可哀そうっていうか、≪≪総務省に接待攻撃が薄かったのかな≫≫

私の申し込んだSIMは楽天モバイルに接続出来ないときには、パートナー回線としてauが使われてるが、これが月最大5GBとの制約がある。今日で一週間だが、ほとんどすべてがau回線を利用、(ほっとけば電波が強いau回線に切り替えられる)1年間使い放題で無料って言われても、ここの地区では無理でした。楽天の嘘つき、家の中は全く無理や~!!!

「まあ無料なのだから1年間は解約しなくても、auの5GB使うだけでもいいか、スマフォにSIM2枚差しで入れとこ」(H)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする