噂のWindows11を

Windows11をある方法で「ISOファイルを取得」
仮想化アプリ(VMware Workstation Player)内にインストールしてみた。英語でのインストールでその後日本語を当ててみたが、あまり日本語にはなっていない。(これからのようだ)使ってみた感じは、そんなにWindows10との違いはなく(いろいろなところが便利に変更されていることが書かれているが、普段使用にはあまり戸惑いもなく普通に使える)

問題は、Windows10からのアップデートが無料でできるとあるが、ハードウェア構成のスペックがあるので、古いパソコンにWindows10を入れたような機器では無理なようだ。(下記が最低条件)
CPU:1GHz以上2コア以上 64ビット互換プロセッサ/SoC
MEM:4GB
DISK:64GB以上
ファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
TPM:TPM 2.0
GRAPHICS:DirectX 12以上(WDDM 2.0 ドライバ)
DISPLAY 対角9インチ以上、8ビットカラー高解像度(720p)

ここで問題になるのは、TPM 2.0とUEFI、セキュアブート対応である。
TPM2.0は対応マザーでも、BIOSでOFFになっているので、これを使える様にBIOSをいじらなければならず、たとえTPMが乗っていても、TPM1.2の場合もあるので、UEFI、セキュアブート対応も含めて、この2~3年以内のパソコンでないと無理なような気がする。
提供開始は、2021年後半が予定なのだが、自分のパソコンが対応しているかどうか、今から調べておくことも出来る。
「新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft」のリンクからダウンロードできる。
(現在準備中でダウンロード出来ない)
ダウンロードしたアプリケーションをインストールして実行、次のようなアプリケーションが起動してくる。
「今すぐチェック」をクリックすると判定が行われる。PCがWindows 11に対応していると、次のようなダイアログが表示される。。

※どうしても今すぐ判定したい方は下記にあるWhyNotWin11を使ってみてください。
https://www.gigafree.net/system/systeminfo/WhyNotWin11.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする