IMEの日本語と英語の切替で「全角/半角」キーは遠すぎる

Windows 10 May 2020 Updateからの新機能で、変換/無変換キーで日本語入力がオン/オフに出来るようになっていますが知っていますか?
今までは、「半角/全角」キーで英数/日本語を切り替える方法が一般的でした。
2020年春の大規模アップデートでは、日本語入力が強化され「無変換」「変換」キーでも英数/日本語を切り替えることができるようになったのです。(「無変換」に日本語オフ、「変換」に日本語オンなどとどちらにも設定できますが、私は「変換」キーのみに日本語オン/オフ切り替えで使っています)

※「無変換」「変換」キーは「スペース」キーの左右にあります。
今までは

下記を設定すると、これでもOK

「A」を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

「詳細設定」のボタンをクリックします。

「全般」タブをクリックし、キー設定の右側の「変更」をクリックします。

「変換」キーの入力/変換済み「再変換」をダブルクリックします。

「IME・オン/オフ」に設定します。
※「無変換」の「かな切替」に「IME・オフ」、「変換」の「再変換」に「IME・オン」で「変換」キーでON「無変換」キーでOFFの使い方もあります。

「適用」「OK」ボタンです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする