巷に出てきたWindows11が気になる

マイクロソフトは、時間の経過とともにWindows11をより多くのWindows10のPCに徐々に提供しています。 Windows UpdateがまだPCに提供していない場合でも、手動で、Windows11をすぐにダウンロードでアップグレード出来ます。

今すぐWindows11を強制的にアップグレードする方法
Windows 11が必要な場合、これを入手する最も速い方法は、MicrosoftのWindows11インストールアシスタントを使用することです。

Windows 11のインストールを開始するには、MicrosoftのDownload Windows 11Webサイトにアクセスしてください。 Windows11インストールアシスタントの見出しの下にある[今すぐダウンロード]ボタンをクリックします。

ダウンロードしたファイル「Windows11InstallationAssistant.exe」を実行します。 お使いのコンピューターが現在の状態のWindows11と互換性があるかどうかを確認します。 コンピューターが要件を満たしている場合は、Windows11のインストールが提案されます。 使用許諾契約に同意し、さらに数回クリックすると、ツールがPCへのWindows11のインストールを開始します。(かなりの時間がかかります)

PCがWindows11の要件を満たしていない場合、「Installation Assistant」は、「このPCではWindows 11を実行できません」と表示されます。
この場合はどうしたらよいのか?、それでもレジストリを編集したりして、推奨されませんが(サポート外)Windows11をインストールする方法はまだあります。

無理にWindows11にするよりこのままWindows10を使い続けるか?新し好きのこの性格ゆえに、何とかしたいと思う方はご相談を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする