ナビ電源切替器の取り付け

友人の車に取付けましがその時の内容を参考のために記載します。

友人の場合、純正ナビで直接車のナビに配線されていたので、24ピンハーネスを抜いて、
エーモン(amon) AODEA(オーディア) オーディオハーネス ホンダ車用(24P) 2227

純正ステレオコネクター/逆カプラ G12H
で中間に入れました。
使われている車種とナビをお調べの上、合うものをお使いください。

社外ナビの場合は、多分必要ないと思います。(現在ハーネスと逆カプラーで配線されている)
※新規でナビ購入の場合は、車種対応のハーネスが必要です。逆カプラーは付属品で同封されている場合が大多数です。

車中泊(エンジンストップ)でナビを動かす

車中泊で、ナビを動かしたりTVを見たりYouTubeを見たりしたいと思いませんか。
サブバッテリーから電源を供給する回路を作りました。
必要な方は、右お問い合わせからご連絡を!!!
6千円(税込み、送料クリックポスト込み)でお作りします。ご連絡ください。

ナビ裏での配線処理が必要です。サブバッテリーからの電源線とスイッチとシューズの取付けもあります。多少の電気的ノウハウは必要です。
※端子処理はしていますが、サブバッテリーの線は切りっぱなしです。

サブバッテリーでの運用推奨ですが、ポータブル電源でも使えますが、HDナビはエラーが出やすいです。
※車種により電圧低下により再起動する場合が有ります。
※電源線の太さや、長さにより電圧降下が起きやすいです。(1.25以上で5M以内)
※価格の安いポータブル電源は12V以上の電圧とアンペアが不足することが多いです。
※エラー回避の方法としてはDCDC昇圧コンバーターを使用して10Vなどの電圧を13.5Vに上げてやる
降圧型電圧レギュレータ DC10V-32V-DC 13.8V 5A 69W

接続方法
ナビの裏で常時電源とACC電源を切り離し、この機器の常時電源(赤)ACC電源(黄)を間に配線する
サブバッテリーからの線をスイッチ及びシューズ入れて(青)線に繋ぐ(スイッチは10A対応、シューズは10A推奨)
サブバッテリーのマイナス線を(黒)線に繋ぎ、車体の金属部分ににアースする

エーモン トグルスイッチ ON-OFF DC12V・20A/DC24V・10A 3205

エーモン(amon) ヒューズホルダー DC12V・120W/DC24V・240W 10A(MAX) 3366
私の場合は
●ポータブル電源:BLUETTI ポータブル電源 EB55 大容量537Wh/168000mAh AC700W(瞬間最大1400W)リン酸鉄リチウム
●ナビ:Androidカーナビ 10.1インチモニターIPS大画面 1024×600
●冷蔵庫:Sumeriy 車載冷蔵冷凍庫 18L -20℃~20℃ 急速冷凍 2WAY電源対応 DC12V24V/AC100V
●ソーラーパネル:RENOGY 100W 12V 単結晶 ソーラーパネル(キャリーに取付け)

私はこの構成で満充電で1泊2日は十分いけます。
このandroidナビはアンペアはとても低いです、ノートパソコンと同じくらい2アンペアまで
冷蔵庫は12v利用で40W~60W=3~5A、温度が安定すれば2Aまで
今のままで十分いけますが、劣化して電圧低下の場合は冷蔵庫を2WAY電源なので100Vで使うこともありです。

Windows 11の初期設定でMicrosoftアカウントではなく、ローカルアカウントで

購入したパソコンの電源を投入ししばらく待つと
1.「国または地域はこれでよろしいですか?」
まずは国や地域の画面で”日本”を選択して”はい”をクリックいたします。
2.キーボードのレイアウトを問われます。
日本語で使用する場合”Microsoft IME”を選択して”はい”で次の画面へ移動しましょう。
※英語キーボードや中国語キーボードを使用する場合ここで追加設定を行います。後でも追加できるので”スキップ”することを推奨いたします。もとより日本語でしか使用しない場合無視してしまって構いません。
3.ネットワークへの接続を求められます。
4.一部のアップデートプログラムを自動でダウンロードしてパソコンの更新を行うようですのでしばらく待ちます。
5.デバイスに名前を付ける画面では、”今はスキップ”
6.Microsoftアカウントの作成/ログイン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※Microsftアカウントなんて紐づけなんかしたくないですよね、紐づけを回避するためにはこの画面でインターネット接続を切断してください。
有線なら線を外す、Wi-FiならOFFに、切断出来たら左上の「←(戻る)」ボタンをクリックします。
このデバイスを使うのは誰ですか?で名前を入力します(これがローカルアカウントになります)パスワードを決めます(一人で使うならこれもいらないけど、万が一ってこともあるので)

下記の方法もあります。
インターネット接続を切断して、「ネットワークに接続しましょう」という画面が表示されたら、「Shift+F10」キーを押して、コマンドプロンプトを起動します。(黒に白い文字の画面)コマンドプロンプトに「OOBE\BYPASSNRO」と入力し、エンターキーを押します。再起動するので再度インストール処理を進めます。「ネットワークに接続しましょう」画面に来たら、下部に存在する「インターネットに接続していません」というリンクをクリックします。
次に「今すぐ接続して、デバイスをすぐに使い始めましょう」という画面が表示されたら、「制限された設定で続行」をクリックします。
後は好みの名前、パスワードを入力し、ローカルアカウントを使用してセットアップを続けます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7.PINコード求められた場合は、設定の必要ありません、ややこしいだけ設定したパスワードで十分
8.プライバシーの設定項目は、そのまま「はい」を選択し次の画面へ
9.エクスペリエンスの設定画面では、適当に選択すべて選択でも構わない。
10.OneDriveの設定画面、面倒なのでファイルのバックアップを行わないで次へ
11.最後に広告が入りますので「今はしない」
12.この後Windowsの設定が適用されるまで少し時間がかかります。完了するとデスクトップ画面が表示されるのでしばらく待ちましょう。
これで終了です。

パソコン廃棄時のデータ消去

パソコン内のデータは消したつもりでも実は残っている?
必要がなくなったパソコンを処分するとき、よく行うのは次のような方法ではないでしょうか。
1)ファイルをゴミ箱に捨てる、またはファイル削除を行って、ゴミ箱を空にする
2)ディスクをフォーマット(初期化)する
3)リカバリディスクでパソコンを工場出荷時の状態に戻す
これでは、管理情報が変更されただけで、データが残っています。これらのデータは、通常の方法では見ることはできませんが、特殊なソフトウェアを利用すると再度復活させることが可能です。悪い奴が復活して利用しないとも限りません。(間違って削除の場合の救出にも利用)
※パソコン内にはご自分のデータはもちろんですが、家族や友人、他の会社関係の情報も入っていることが多いです。持ち主が責任をもって消去(復活出来ないように)しなければなりません。

それではどうしたらよいか?
ハードデスクを引っこ抜いて叩き割るのです・・・
これが一番ですが、正規な方法で説明すると(譲渡する場合など)ハードディスク上のデータを完全に消去するためには、専用のソフトを利用してください。データを完全消去することができます。
メーカー製パソコンには完全消去ソフトが組み込まれている場合もありますし、無料のソフトもあります。これらの消去方法とは、これは「消去する」というより「別なデータで置き替える」というのが正確な言い方です。元のデータに別なデータを上書きして、違う情報にしてしまうのです。ですからかなり時間がかかります。(普通は”0””1”のデータを上書きする、もっと強固にする為にこれを3回行う場合もある)

※最強強固な米国国防総省準拠方式もある(企業機密などの最高の漏洩防止方法)個人では必要ないが、ディスク全体の領域を最初にゼロ(0x00)で上書きした後、固定値(0xff)及び乱数で上書きし、最後に書き込み検証を行います。国内企業・官公庁で、最も採用されている方式です。ソフトウェアの復元 および 残留磁気を読み取る装置で復元不可能です。

私は、廃棄する場合やハードデスクの交換などの場合、こんなに時間をかけていられないのでハードデスクを叩き割ります。SSDの場合(ICチップ)は、バーナーで燃やす。